名古屋・三河の人材派遣・人材サービスは大友(ダイユウ)へ

ハラスメント

ハラスメント

大友では就業中の皆さまが安心して仕事に取り組めるように契約に関するトラブルのご相談から、セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・マタニティハラスメントなど各ハラスメントまでサポート体制を整えています。

 

セクシュアルハラスメント

■基本方針
セクシュアルハラスメントは、同じ職場に働く者の意欲を阻害し、職場秩序を乱し、職場環境を悪化させるものです。よって健全な職場環境を実現するため、いかなる形でもセクシュアルハラスメントを行ってはなりません。会社は、セクシュアルハラスメントのない職場環境をつくる責任を負い、すべての社員がセクシュアルハラスメントについて認識し、加害者にも被害者にもならない職場環境づくりを目指します。万一セクシュアルハラスメントなどによる人権侵害が発生した場合には、会社は責任をもって、すみやかに適正な手続に従って適切な対応をとります。
■セクシュアルハラスメントの防止
会社は以下の行為をセクシュアルハラスメントと規定し、その発生を防止します。
1.雇用上の利益、不利益を条件にした性的要求をすること。
2.性的な行為または態度の要求、誘いかけに応じ、または応じなかったことを理由に
雇用上の利益、不利益に影響を与えること。
3.労働者の望まない性的接触または性的要求を行うこと。
4.性的言動及び身体上の事柄に関する不必要な発言により労働者に不快感を抱かせるような職場環境を醸成すること。
5.勤務先関係者や顧客により業務上の関係を利用してなされる性的接触または性的言動、性的要求行動。
6.わいせつ図面の閲覧、配布、掲示をすること。
7.その他、相手方及び他の従業員に不快感を与える性的な言動をすること。
■使用者責任
会社は、すべての社員に対してあらゆるセクシュアルハラスメントが起こらないような職場環境を整えることに留意しますが、不幸にしてセクシュアルハラスメントが起こってしまった時には、会社が当事者としての責任を持って対応します。被害者に対して最善の救済と、再発を防ぐための適切な処置がとられるように、また被害者のプライバシ−の保護とセカンド・セクハラ(被害を訴える過程において、二次的被害を受けること)が起こらないように留意して対応します。
■苦情申し立て
管轄の各営業所にてセクシュアルハラスメントに関する相談を受け付けます。相談の多くは面談にて行われますが、電話やメール等の方法で相談をすることもできます。また、相談、申し出は直接被害を受けている社員だけでなく、他の社員が被害を受けている社員に代わって相談、申し出ることもできます。
■苦情の処理
1.苦情申し立てを受けたときは、関係者による事情聴取を行うなど、適切な調査活動によって迅速に案件の処理を行います。
2.相談及び苦情への対応に当たっては、関係者のプライバシーは保護されるとともに、相談したことを又は事実関係の確認に協力したこと等を理由として不利益な取り扱いは行いません。
3.調査活動の結果、セクシュアルハラスメントが認められる場合、その起こした社員に対して、就業規則の懲戒に基づく処分を行います。

 

ハラスメント相談窓口

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-12-14 金山総合ビル
電話 : 052-324-2314 e-mail : sta@daiyu-oneday.co.jp

 

 その他、皆さんをサポートする担当者を配置させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る